公的機関が特許を取るということ

少し前にある弁理士の人と話していたのだが、公的機関が特許をもっととるべきだ、という論を展開されていた。そうしないと技術が民間に移転しないから、というのが理由で、そのまま配るだけでは、何十億と実用化にお金をかけたとしても、他の会社に真似されてしまうではないか!と。で、うーんと思ったわけだ。分かったような分からないような。

私も国際特許は積極的に取るべきだと思っているのだが、(日本の税金で作られて技術なので、海外でも自由に使わせるとただ乗りになってしまう。)国内では排他的な特許権は設定するべきでないと思っている。真似されてしまうではないか!という弁理士さんの意見については、真似されて大いに結構、だと思う。実用化にかけた費用は、実用化のためにその企業がした技術開発を特許で守ればいいのでは。

素朴すぎる意見だろうか。